This Archive : 2009年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

電気(代)ショック!

2009.02.18 *Wed
ウチは電気仕掛けの家です。
というと、なにやらかっちょいい感じ(気のせいか)ですけど、
単純にオール電化だということで。

オール電化にしてから光熱費がぐっとお得になりました。
それ以前に比べ(つまり電気&ガス代の合算と比べ)おおよそ4千円強安くなってます。
年間の月平均だと8~14千円(8月にドン!とあがって16千円)ってな感じです。

だったのですが。

今年一番の明細を見て目玉が飛び出ました。
にっ、にっ、にまんえんって!!
ひょえ~~~~~~~。
思い当たる節があったので、そこに気をつけ次の明細を心待ちにしてたところ、
いっ、いっ、いちまんはっせんえんて!!
ひょえ~~~~~~~。
大して変わっとらんがな。

いやはや、気をつけ方が甘かったみたいです。
去年の冬と違う点は、
・洗濯機に乾燥までお願いするようになった
・ホットカーペット(ダニ退治モード)とコタツ(最弱モード)の二本立てで暖をとっている
・ファンヒーターではなくエアコンに頼っている
というところ。
で、最後のをやめてみたけれど、アハハ~、大差なかったですね~という結果。

う~~~む。

と、頭をかかえていたら、ふと去年の明細が目にはいりました。
16,805円。
あり??
冬ってこれくらいかかるんだったっけ??

で、一昨年のを探してみたら、11,813円。
やっぱり高くなってる。
コタツか?
コタツの導入がいけなかったのか?

でも必需品ですしね。
仕方ないよねぇ・・・?
上目使いで稼ぎ手にお伺いをたてるこの頃です。

・・・洗濯物はやっぱり外に干すかなー☆

スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

ウマッ@スイートオブオレゴン

2009.02.16 *Mon

チーズケーキ


美味し頂きものが名古屋より到来!
チーズケーキ専門店のチーズケーキです。

手のひらサイズのボックスをあけると、薄紙に包まれたチーズケーキさまが。
丁寧に包まれたそれを遠慮なくむき、切らずにそのままスプーン片手にオットといただきました。
ウマー。

ひと口食べて「ケーキというよりチーズとバターを食べてるみたい」と思いましたが、
それなのに後味はさっぱり。
ついつい手が出る美味しさでした。
濃いのか濃くないのか最後にはわからなくなっていたのが不思議。
レアチーズケーキの苦手なオットにも好評だったみたいです。
名古屋って美味しいものがたくさんあるんだな~。


このところ体調が思わしくなく、食に対する関心も希薄だったのですが、
突然「トンカツを!トンカツを我に・・・・!!」と熱望するシーズンがやってまいりました。
自分で作るのでもなく、お惣菜コーナーで買うものでもない、専門店のトンカツ出でませ!
で、昨日、私の好きな和幸に連れて行ってもらい、ヒレカツ定食でどんぶり飯2杯を完食。
(和幸はご飯、しじみ汁、キャベツがお代わり自由なのです)
ここ最近に久しくなかった快挙です。
いっぱい食べて人(オット)に褒められるって幸せ~。
また食べたい。
(今も食べたい衝動と戦闘中)

とまあ、こんな感じで美味しいものを食べても写真におさめる余裕がありません。
せめてチーズケーキくらい撮っておけばヨカッタ。


◆ 食べたチーズケーキ ◆
スイートオブオレゴン の プレーン(レアチーズケーキ) 
個人的には帝塚山のあそこより好みかも。。

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

お尻に火がついても動かなそう

2009.02.13 *Fri

この頃オットに「写真撮ってる?」とよく訊かれます。
えぇ、えぇ、撮っちゃいませんとも。
来月には作品展に出展する予定がありますとも。
だけどちっとも準備が進んでいませんとも。

カメラに手がでないツマに業をにやしたオットは自らパシャパシャ撮ってます。


byオット 


これも彼が喫煙中の片手間に撮ったもの。

私、こういうどっちが上か下かわからないような写真、好きなんですよねぇ。
ちなみにこれは大阪歴史博物館の壁を見上げて写したもの。
カーブして地面みたい。

なんてノンキなことを言ってないで、私もたくさん撮らなきゃ。
うーー・・・。

COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

ジオラマを満喫@大阪歴史博物館

2009.02.12 *Thu
久しぶりに人並みの休み(建国記念日)をとれたオット。
ウキウキとお出かけしました。

あまり遠出はしたくないしー、でも近所じゃつまんないしー。
ひとまずは梅田を目指したところ、途中、大阪歴史博物館に目的地を変更。
ここはかつて訪れたら休館日だったという悲しい思い出があります。
それを払拭するのだー。

大阪の歴史と言うと太閤さんか、商いか。
と思っていたら、難波宮から展示が始まっていました。
ほー・・・。
明日香と明日香の間に遷都された都だったっけ??
恥を忍んで言っちゃうと全く知識がない~。

ということでさくっと見学し(こういうとこで向上心が希薄なのがバレる)
次のフロアに。
そこは中世近世でした。
文楽人形の浪花屋さんがいろいろと教えてくれます。
水の都、天下の台所といわれた由縁を学べるのもさることながら、
なんといっても圧巻はジオラマ!

ジオラマ2 ジオラマ

かなり大型のジオラマが3つか4つあり、庶民の暮らしが丁寧に再現されているのです。
今にも動き出しそうな人々に目がハートでした。
家の中を覗いたらお蕎麦をすする商人や、火鉢にあたるご隠居さん。
こういうの大好き!
おもしろい!!

全部で4フロア、入場料は600円。
なかなかお得かも。

4月まで「お菓子博物館」もやってます。
年配の人と見に行くと懐かしいトークに花が咲くことでありましょう~。


◆ この日行ったところ ◆
大阪歴史博物館
・南港
・IKEA鶴浜店  枕だけ購入。物欲が息絶えたみたいな自分にビックリ。

COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

『西遊記』 読了!

2009.02.10 *Tue
西遊記〈上〉西遊記〈上〉
(2007/03)
平岩 弓枝

商品詳細を見る



『 西遊記 』   平岩弓枝 著


悩み、苦しみ、成長してゆく、師匠と弟子たち。平岩弓枝の筆致が生みだす、今までで、いちばん美しい「西遊記」。大人気の挿絵も収録。


-------------------------------------------------------------------------(amazonより)


おそらくは誰もが知ってる孫悟空のお話、西遊記を読みました。
上下巻とありましたが、読み終わるのが残念だったくらい。
新聞連載だった経緯もあるのか、実にその先が気になる展開で楽しかったです。
長々と続くのではなく、エピソードごとに一息つけるのも丁度よかったのかも。

で、知ってると書きましたが、私の記憶の西遊記はドラマからきたものばかり。
堺さんだったり慎吾くんだったり。
本で読んでこその壮大な物語なのかも知れません。

ちょっと見直したよ、孫悟空とそのご一行。
まさか天竺につくまで14年以上かかってるとはね~!

この表紙だといかにも猿さるしてますが、挿絵の悟空はとっても愛らしいです。
そりゃお師匠さんも目にかけるよねってな感じ。
ラブリー♪
(ヘンな意味じゃないですよ、ねんのため)


あ、お昼食べ損ねてる。
キッチンあさってこよ~っと。

 

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

でも人に言うと笑われます。

2009.02.09 *Mon

最近、美味しいものづいてます。
オットのお土産だったり、オット実家から強奪してきたおすそ分けしてもらったスイーツだったり。

ぷりん 

これはオット土産のプリン@グラマシーニューヨーク。
このお店の袋はなかなかステキでした。
外見はなんてことのないナイロン素材の紙袋なのだけど、
その中敷(ボール紙)にマンハッタンの風景がプリントされてるのです。
品物を取り出した後に「お!」とわかる密かなひと工夫。
これは捨てずにとっておこう。

でもそれ以上に絶賛したいのは、一緒にもらったここの杏仁豆腐!
豆腐(?)がクリーミーな味わいでウマウマでした。
中華より洋な感じ。
あれもう一度食べたひ・・・。

私の好きなデザートは(スイーツとは言えないラインナップなのでデザート)
なんといっても杏仁豆腐、ゼリー、アイス、そして桃缶なわけで。

桃缶・・・、あぁ、桃缶・・・。

一番の思い出の桃缶はアメ横で見つけたビッグ桃缶です。
桃が大きいのではなく、缶がつまり容量がビッグ!というすばらしさ。
絵の具の筆洗いバケツよりも大きい缶だったような・・・。
大学生の頃、喜びいさんでエンヤコラと持ち帰ったのを思い出します。
重かったけれど、その苦労に充分応えてくれる食べ甲斐があったな・・・。ウットリ。
で、お腹壊してもいい覚悟で一気食いしました、当然。
さすがに飽きて翌日に持ち越しした分もあったけど。
あれももう一度食べたいなあ。

ちなみに白桃ではなく黄桃が好みです。
歯ごたえがね、全然ね、ちゃうのよ。

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『八日目の蝉』 読了!

2009.02.05 *Thu
八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


『 八日目の蝉 』   角田光代 著

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった--心ゆさぶるラストまで息をもつがせぬ傑作長編。中央公論文芸賞受賞。


---------------------------------------------------------------(中央新論公社HPより)


不倫相手の子を身ごもった希和子、だけど男に「二人の将来のために今は」と堕胎させられ、
一方、その男の妻は4ヵ月後に女児を出産。
一目でいいから見てみたい、本当に産まれたのかを確認したい。
その思いから男の留守宅に忍び込んだ希和子は、自分でもわからぬ衝動にかられ泣いている女児を連れ去ってしまう。

というのがさわりのサスペンス。

物語は一章と二章(さわりは0章とあったけれど)に分かれており、
一章は希和子目線、二章は誘拐された女児目線による事件のその後となっています。

一章の希和子は不倫相手に関して寡黙で、いかに女児との生活(逃亡生活だけど)を守るか終始しています。
その分、二章を読むと「なんて薄い男なんだ!」と不倫相手に呆れてしまう展開になっています。男だけではなく、その妻にもね。

それは希和子に薫と名づけられた女児が解放(と言いたくない顛末なのが読ませます)された後、
両親の元に戻され、恵理菜として生きざるを得なかった「被害者」として見た夫婦像だったからでしょうか。
となると、薄いのは父性や母性?
不倫だけで考えると、わりに見かける設定だし。
きれいに言えば「不器用な愛し方」になるのかな。
オエ。

ともかく今まで読んだ角田光代作品のなかではピカイチでした。
希和子には賛否両論あると思いますが、そうなるのが力作と呼ばれるにふさわしい気がします。


◆ これまでの読んだ角田光代 ◆
・対岸の彼女
・トリップ
・しあわせのねだん

あり? レビューにまとめたのはこれが最初なんだ~☆

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ガラスの仮面と節分と。

2009.02.04 *Wed
ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
(2009/01)
美内 すずえ

商品詳細を見る




う~~~ん、1~42巻を一気に読み、そうしてようやくのご対面!だったからかなあ。
テンポわるっ
としか感想が出てこなかったりして・・・。

マヤちゃんも亜弓さんも相変わらずお互いを気にして役作りが難航してるみたいだし、
桜小路くんのガールフレンドのナントカちゃんも相変わらず「え、そんなコ今時・・・?」みたいになってるし。
とても『NANA』と同年代の男女の話とは思えない、けど、味があるといえばありますよねぇ。
女の子はやったらパイがお好き♪という雰囲気も実に昭和っぽい。(笑)

連載と話を変えてるようだけど、はて、それはなにゆえ??
44巻を待つのが少々面倒な気がしてきたぞ~。


話はかわって節分。
太巻きは出遅れた分ゲットならず、ケンタッキー(大好き!)で一年の無事を祈りました。
(え、手作りしないの!?というツッコミは却下です)
比較的長かったポテトを夫婦して一本ずつ持ち、恵方に向かって無言でムシャムシャ。
太巻きの一気食い(しない??)に比べ、のどに詰まることも吹き出したくなることもなく、意外に具合がよかったです。
来年もこれで・・・って言ったらイヤがられるのかな。

その後豆まきをして年の数だけ豆をいただきました。
おしるし程度に♪と灰猫さんの前に二つ置いたところ、バリバリと完食してしまい・・・。
大豆って猫も大丈夫なんだっけ・・・!?と慌てて調べたりして。

なんにしてもこれで一家全員無病息災!です。
よかったよかったv

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

かーいちゃダメかいちゃダメッ

2009.02.03 *Tue



私の爪はヒジョーに割れやすいです。
カルシウム不足?
一説によるとコラーゲンが不足していると割れやすくなるとかなんとか、耳にしましたが。
う、ここでも出たな、コラーゲン不足。

ともかく割れやすいので、爪切りは使用してません。
ヤスリでひたすらシュッシュッシュッシュと砥いでます。

で、これ↓が近年のヒットだった爪やすり、ネイルシェイパー。
(カタカナになると途端にぐっとかっちょいい響きになりますなー)


シャープナー


なんとなく珍しい形でやんしょ?
この画像の見えない一辺、くぼんでいる部位ががヤスリになっており、
なんとそこはダイヤモンドでできてまっせ!という触れこみです。
従って、短時間でシュシュッと削れますよ~!という。
しかもラウンドしているため整形もあっちゅー間に完成!という。
おー、ワンダフル。

確かに触れこみに偽りありません。
ぼーっと使っていると深爪になるくらい、削り具合はバツグンです。

ただ。
そのやすり部分の隙間に入り込んだ爪の粉(ってわかります??)の処理が
若干やっかいだったりして。
私は使い古しのハブラシでパパッと水洗いして窓際に置いて自然乾燥を試みてます。
そうまでせずとも、フ~ッと息を吹きかけるだけでそこそこキレイにはなりますが、
隙間に入り込んだのが気になるB型。

そんなこんなで日々爪割れ防止に勤しんでます。
なのに!
ここ最近、それでも小さく爪が欠けるようになってきました。
アミコラを飲むのも途絶えてるからかな。
だから体も乾燥してかゆいのかな。
だから寝ても覚めてもカ~イカイカイカイカイして、爪が割れて、それがひっかかって背中が傷だらけになってるのかな。

切実にうるおいカモーン!な今日この頃です。
ほんっっっとにかゆいわぁ・・・。

COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 



Copyright © たにしのいえのなか All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
02
1
2
6
7
8
11
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
||| admin || NewEntry |||




カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28




ざくっと自己紹介

tanishi

Author:tanishi
結婚を機に関東人から関西人へ移行☆
詳細プロフはコチラからどぞ♪

2005年 結婚
2006年 夢叶い灰猫が仲間入り!
2009年 母親デビューしました!

マタニティブログはコチラ

2013年 もう一人女の子を出産!

◆ tanishiが不適切と感じたコメント&トラバは無断で削除させて頂くことがあります。お許しあれ。◆




コメントいただきましたっ




気になることばでまとめます








これまでのあれこれ




こんな記事に注目が・・・!




リンク




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。