This Archive : 2008年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

10月のおさらい

2008.10.31 *Fri


今月よんだもの
・100万回の言い訳   ・・・  唯川 恵
・犯人に告ぐ  ・・・  雫井脩介
・レベル7 ・・・  宮部みゆき
・1ポンドの悲しみ  ・・・  石田衣良
・40翼ふたたび  ・・・  石田衣良
・ねこの神様   ・・・  香咲弥須子
・さよならの代わりに  ・・・  貫井徳郎
・光ってみえるもの、あれは  ・・・ 川上弘美
・インドなんて二度と行くか!ボケ!!  ・・・  さくら剛
・中国初恋  ・・・  さくら剛
・ファティマの幸運  ・・・  ジョーン&ジェーン・ドリアンスキー


今月みたもの
ナシ



レビューが全く追いついてないことには目をつぶりつつ。

ワタクシ、今月また一つおとなのかいだんを上りました。
初!魚の三枚おろしー!しー!しー!(二つ目からはエコーな感じで)

親元を出たのが23歳、結婚したのがえーっと、、、32歳?31歳?
まあ、どっちでもいいか。
ともかくそれだけの間、台所にたち食事を作ってきたわけですが、
お恥ずかしながら魚をおろしたことなんて一度も!ござんせんでした。
魚が美味しいといわれる瀬戸内に面した四国に住んでいた時でさえ、
ウロコをとったことが2回あるかないかというレベルです。

それが三枚おろし!
成長した・・・。
例え骨に分厚ーく身が残っていたとしても、成長した・・・。

と悦に入り、友人に「どうだ!褒めるよし!」と胸をはったところ、
関西では小学校5年時の調理実習でそれを学ぶという驚愕の事実を告げられました。
うっそーン。
私なんか学校で生魚を触ったことすらないのに!?
ま、負けた・・・!
小学生に負けた・・・!
(ヨソの奥サマ方に負けていることは百も承知のすけ)


その他の特記事項として、
・玄関ドア横の照明が切れたこと
・玄関ろうかの電球も切れたこと
を記して今月は終了~。


・・・・いやはや、小学5年でかぁ。
すごいなあ。
いや、ホントに。


Earth Wind & Fire - Greatest HitsEarth Wind & Fire - Greatest Hits
(1998/11/19)
Earth Wind & Fire

商品詳細を見る



気分が下降気味な秋は、ここらへんで能天気を心がけます。
私はこの人たちの「Sunday Morning」がひいきなのですが、
この曲が入ってるベスト版にはなかなかめぐり合えません。
なんででしょ?
頭から太陽がポッコーン!と出てきそうな気持ちのいい歌なのに。

スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

『トキオ』 読了!

2008.10.29 *Wed
時生 (講談社文庫)時生 (講談社文庫)
(2005/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


『 時生 』   東野圭吾 著


不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

---------------------------------------------------------------------(amazonより)



◆ 前書き ここから ◆
4月に書いたのにアップするのを忘れてました★
今頃しれ~っと出してみることにします。
なはは。
◆ 前書き ここまで ◆



おっと、これも文庫で名前を変えているのですね。
手元にある単行本は「トキオ」だったりします。

ここしばらくこの作者の本を読んできたわけですが、ようやく私の好みが見えてきました。
ファンタジー系の切ない物語より、ミステリー系のそれの方が好きみたいです。
あ、でも『秘密』は好感度大だったっか。

このストーリーだったら、あの作家の方が泣かせるかな~とか、この作家も同じジャンルで書いてたよな~とか、いろいろと比較してしまいました。
つまりドップリとお話に入っていけないのです。
なんでだろ。
決して苦手な話じゃないんだけど。

どんでん返しがないと満足できないのかも知れません。
こういうほのぼの系はもっと素直な気持ちで読むべし!と反省。


COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

先は長い!し、広い!のだ。

2008.10.28 *Tue
その先に海



とーっても久しぶりな人から連絡をもらう。

繰り返し何度も「まだまだ時間はある」と言われ、
ナーバスにヒステリックになっていた心が若干ゆるんだ気になりました。

「ノンベンダラリンと暮らしていた頃の気持ちに戻ってごらんなさいな」

ハイ。
心がけます・・・。

まわりの人たちがせっかく解いてくれた糸。
それがまた張り詰め、絡まないようにガンバルのだ。

って、今度はそればっかり気にしそうで・・・!!
自分、不器用ですから。(by タカクラケン)




しかし、アレですね。
ノンベンダラリと暮らしてるように(やはり)見えるのですね。
いや、ノンベンダラリか。
さらにダラリ度数が上がったように思えますが、う~む、みんな鋭ーい★


と笑ったら。
ウン。
元気になった気がする。 
・・・かな?


COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

みやこ屋@奈良中央市場

2008.10.27 *Mon
看板はこんな感じ 


奈良中央市場の屋上にある、厚生食堂「みやこ屋」。
バイキング形式で家庭的なお惣菜から海鮮焼き、お寿司まで網羅しています。

このお店は奈良に越してから割りとすぐの頃に行き、
「雰囲気はともかくとしてお得はお得・・・」と思ったのを覚えていました。
だもんで、栄養失調だったある週末、「久しぶりに行ってみよーう!」と再訪。
(主婦が風邪でダウンしていたため、残り物などで細々と暮らしていたtanishi夫妻・・・)

そうしたら、いつの間にやらお値段が上がっていたのですね!(涙)
以前は680円か880円だったか・・・。
それがきりよく1000円に!
そしてカップの自動販売機のドリンク飲み放題だったのが、一人一杯まで!
え~~ん、ここの自販機は2つ以上の味を混ぜることのできる自販機だったから、
いろいろな美味しさを開発するのを楽しみにして来たのにぃぃ~。
なにより時間制限が設けられているなんて!?(90分)

万物流転する、ってやつですなー。

でもでも。
その代わりに(?)店内は小ぎれいになってました。
デザートの種類も増え、超ミニミニクレープを焼いてくれる専属のお姉さんも待機。
それを待つ間、チョコレートフォンデュも味わえるようになってます。

グレードアップした、と言えなくもないけれど、
以前のお値段だからこその魅力!という気もするみやこ屋さん。
(お惣菜はさしたる変化もなかったようですし?)
美味しかったのだから文句を言っちゃあバチがあたりますが、ブツブツ。
ともあれ、久しぶりの栄養補給に体が喜んでました。
でもナマモノを全く食べずに終了したのを、(元気になった)今頃に悔いてます。
ここ、マグロが美味しいんだよねー!
(さすが市場の上!という感じがするのです、マグロ)


◆ みやこ屋  HPはないようなので、クチコミサイト「食べログ」での紹介ページを。


CATEGORY : 味ワフ
THEME : 奈良 / GENRE : 地域情報
DATE : 2008/10/27 (月) 11:07:10
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『100万回の言い訳』 読了!

2008.10.24 *Fri
100万回の言い訳100万回の言い訳
(2003/09/19)
唯川 恵

商品詳細を見る


『 100万回の言い訳 』   唯川 恵  著


知り合った頃、この人と恋人になりたいと思った。恋人になったら、結婚したいと思った。夫婦になった今、次はどうすればいいのだろう―。士郎と結子は結婚七年。平穏な生活で仲は悪くない、だけど何か足りない。ところが思いがけない事による別居生活が始まって、ふたりは…。離れて、恋をして、再び問う夫婦の意味。結婚に悩めるあなたの胸に、静かな波紋を呼び起こす長篇小説。


---------------------------------------------------------------(amazonより) 


あらすじに「 離れて、恋をして、」とあるけれど、
読み終わったいま「離れて、それぞれが恋をして、」だったのね~。
と、ひとりごちる。


私、以前この人の作品を読んで「話がうっすいなー!」と思ったことがありました。
同じコバルトOGなら、山本文緒さんの方に断然軍配が上がるね!と。
それ以来手にしてなかったのですが、本棚からヒョコっとはみ出していたこの本を借りて読んだら、いやいや、どうしてどうして。 
フツーに読める。
ラストのとってつけたような円満ゴールには少々鼻白みましたけど、フツーに面白かったです。


物語の最初にあった士郎と結子のやりとり。
そこからなんとなく二人はどってことのない男女なのだろうと想像しました。
が、士郎は「上質な男性だ」と結子のお相手である陸人にして言わしめる様相だし、
結子も「確かに同年代に比べたら若く見え、まだいける」と自分自身を思い、
彼女をとりまく男性陣もそういった目で見てるようです。
要するに、オサレ系カップルの結婚にまつわるエトセトラ、なのですね。

そういう二人だから
「夫婦は家族と少し違う。夫婦はやはり夫婦という単位でしか計れない。」
「実家で味わっていた感覚、父がいて母がいて兄がいて自分がいる、その当たり前の感覚が、士郎とのふたりの生活には希薄に思えた。」
という寂寥感にリアルさをもたらしたのかも・・・と感心しました。
経済的にもどちらかがどちらかに依存してるふうでもないし。
人物設定がうまいです。
「夫婦という単位」という描写も。

でも男子が妄想するような、隣人の団地妻(マンションだけど)の許子にはちょっと失笑。
現実感がないのですが、それは私が知らない世界だから?

お日様の見えないとこで恋愛してる人はみ~んな「100万回の言い訳」をしてるのかも知れません。
でもお日様はカラダにもココロにもあてたほうがいいゾ、と。
そんなふうに本を閉じて就寝。
ふう~、夜中に一気読みしちゃったぃ。

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

些細なことですが

2008.10.23 *Thu


消えてまっせ


ヒジョーに些細なことなのですけど。

と、ある夕刻の出来事。
出先で明かりの燈っていない仲間はずれ灯篭を発見。
これが気になるのって、なんのって!
つい、オットのライターを握り締め、件の燈篭ににじり寄ってしまいました。
ロウソクならライターで点けられるかな~との目論見で。

でもどこから開けていいのかがわからず断念。
残念です。
(韻をふんでみました)

ただそれだけの出来事。
しかも6月の出来事。


今日は天気が悪いせいか、頭が痛ーーいッ!
くぅ~~~・・・・。


COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

無骨を隠したい。

2008.10.22 *Wed
みーどりを巻き巻き


オットのヒゲソリ。
洗面台の横っちょに置いてます。

が。
ここはハンドソープと綿棒入れだけの場所にしたいところ。
(ホントはこれらもしまいたいくらい!)
ヒゲソリなんて鏡の裏に隠したら良さそうなものですが、は、入らないのですー・・・。
で、しぶしぶここに置くはめに。

そこでせめてものフォローにとフェイクな緑を巻きつけてます。
ちょっとは目隠しになってくれるかなって。

・・・ま、なってないんですけどね。
余計ゴチャゴチャしてるじゃーん★

さらに、それでも巻きつけた巻き巻き緑なのに、オットはこれを外します。
ヒゲソリ後には緑がピヨーーーンと洗面台に伸びっぱなし。
どうもヒゲソリ機を仕舞う際に(いや、取る時点でか?)邪魔でしょうがない模様。

オットが満足する機能と、出しっぱなしでも見苦しくない見た目を持ち合わせたヒゲソリ、
どっかに落ちてないかな~~。
(買い換えるためのサキダツモノは我が家には皆無の故ネ)
 
COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

灰猫さんのダンディズムとビビリズム

2008.10.21 *Tue
ギャッツビーつっけて~かっこつけて~ 


灰猫さん、キメポーズで熟睡です。
もし中心にスタンドマイクがあったなら、フレーズの合間に「ふぉうっ!」と横向くボーカリストに見える。
・・・かも。


週末、地元のお祭りがありました。
ってもウチの地区は地味ぃ~な感じで、お隣地区こそがえんらい盛り上がり!
むこうはお神輿(何台出てたんだろう・・・)もコドモではなくオトナ(相当いかちぃヤンチャな方々)が担いでますしね。

それはいいのですが、我が町内のミニミニコドモ神輿が何台かウチの周辺をまわってきた時のこと。
お囃子に太鼓、ぴーひゃらどんどん。
掛け声もワッショイワッショイ、そ~れひーけぇぇ~。
チビっ子ながらお祭りらしく、とっても賑やかです。

その様子を「灰猫ー、お神輿きたよ~」と窓から見せようとしたら、灰猫さんビビるビビる!
抱っこもさせてくれません。
暴れまくって「とにかく音が聞こえない場所ーっ!!」とあちこちにもぐっては「ここじゃダメだーっ!」とダッシュしまくりです。
おそろいのはっぴを着た人々が練り歩いてるのを見ただけで暴れて逃げ回ってたし。
お陰で私はTシャツを着ていたにも関わらず、引っ掻き傷だらけのお腹、胸となりました。

灰猫さんはお祭りがダメ。
お神輿が近づいてる時は抱っこもダメ。
覚えておくことにします。
・・・これ、痕残るんじゃないかしらん。イテテ。

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

打ちっぱなしよりコースに出る回数の方が多いような・・・

2008.10.20 *Mon
ゴルフ場


と~っても久方ぶりにゴルフしました。
しかも突発的に一日置きに。

先の三連休に釣り行って、翌日ゴルフ行って、その翌々日にまたゴルフ行って、
翌日にカメラ教室に行って、その翌日にまたまたゴルフへ行く。
・・・予定でしたが、最後のゴルフはドタキャンです。
基本引きこもりバンザイ!な主婦には大ハードだった外出プラン。
カメラ教室あたりから体調グズグズで、案の定風邪をひいてしまいましたという、ネ★
つくづく「大きいイベント(外出)は週に一度でいいや・・・」と思った次第です。
私がドラクエの勇者だったら、「勇者よ、旅立つがよい!」と王様に高らかに宣言されても
「え・・・。」と固まってしまうに違いないなあ・・・と。
そこんとこには自信あるアルヨ。

ともかくゴルフだったわけですが、ただでさえ下手だったのが更にド下手になってました。
なんでそこに?という部位(右手薬指)にマメ→水ぶくれをこさえてしまったし。

それでもゴルフ場のナイターは美し~い!・・・と(風景を)楽しんできたわけで。
まわりの人は「(打った)ボールが見えない!」と嘆いていたけれど、
私のボールは、ホラ、すぐそこに転がってるからその点難なく♪だったしね!(涙)
(ゴルフではなくゴ「ロ」フだったのがうかがえるエピソードです(遠い目))

・・・・練習しよっと。

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

旬の和食@呵呵

2008.10.17 *Fri
オット両親とゴルフをした帰り、どこかで食事を~という運びになりました。
いろいろ迷って訪れたのが、美味厨房 呵呵(かか)。
少~~~しだけあらたまった席にぴったりの日本料理屋さんです。

このお店は2006年に今の場所に移転し再営業されたお店なのですが、
移転前にいただいたのはアラカルト料理。
そして、移転後に訪れていただいたのはコース料理でした。
その際に「美味しいは美味しいのだけど・・・」と少々期待はずれを感じてました。
なんというか当たり障りのないお料理ばかりで、没個性だった印象が否めない。

その経験を活かして両親にも「アラカルトの方が・・・」とオススメしたのですが、
お二人はそれぞれ花コースと雪コースを頼むことに。
ではバランスが悪いですけど、私たちはアラカルトでいきまっしょぃ。

結果、やはりアラカルトの方がオリジナリティがあってンマイ!と思いました。
好みの問題だと思うけれど、同じ魚でもお刺身が出るコースとアスパラの太刀魚巻きという単品では、私は後者に軍配をあげます。
小料理屋さんでは「おうちで作れない(作らない)一工夫」を求める性分なのですネ。

フォローではありませんが、店内の雰囲気は(も?)とてもいいですよ~。
和モダンな感じで、かなりゆとりをもって配置されたテーブルとテーブルの間にはロールカーテンがあり、視覚的にも落ち着きます。
両親も「またみんなで来たい」と言ってくれたので、案内した甲斐がありました。
そして、おそらく今度も一品ずつオーダーするかも☆です。
太刀魚、美味しかったなあ・・・・。しみじみ。


布(?)


目印はお店の前にあったこの大きな暖簾というか布幕。
大きい!

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

釣れたっ!

2008.10.14 *Tue
ぼけ~っと海を眺む


第二回釣り大会(@tanishi家)開催!
パチパチ~(拍手の音)

ということで、三連休の真ん中日曜日に朝もはよから海へ行ってきました。
今回は須磨の平磯海釣り公園。
4時に奈良を出発!現地でエサを購入!そしていざ海釣り公園へ!と勇んでいたら、
エサ売り屋さん(という名称ではないと思いますが)の時点ですでに大行列。
まだ5時過ぎなのに!
この調子じゃあ、公園も・・・?と危惧したとおり、
駐車場に入るのにも30分以上の行列ができてました。
うぅーむ、釣り人は早起きがデフォルト、覚えておこう・・・。

ようやく釣り場へ到着し、逸る気持ちで釣り糸をたらしたら、、、
即座にヒット~~!
初めて釣ったよー!カメラカメラ!

さかな


・・・まあ、釣ったというより、ヒレに針が引っかかったというアレな感じでしたけど。

この調子で8時くらいまでは比較的よく釣れたと思います。
オット母と二人で、「はて、どちらさま?」な小魚6匹程度、小あじ2匹、ハデな魚1匹。
オットは例によってボウズでしたが、母とツマの釣り具をセットしたりなんやらかんやらで忙しかったものね~。
その上、イカ狙いだったし。
(素人には到底ムリらしいです。チャレンジャー!)

そのオット、今度は太刀魚を狙うそうですが、
えーっと、小あじからスタートするのがいいんじゃないかなぁ~・・・。


橋 

右手には明石大橋も見えての~んびりしてきました。



◆ 神戸市立須磨・平磯海づり公園 HP




COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ホテルカクタス』 読了!

2008.10.10 *Fri
ホテルカクタスホテルカクタス
(2001/04)
江國 香織

商品詳細を見る


『  ホテルカクタス  』   江國 香織 著


ある街の東のはずれに、古いアパートがありました。ホテル・カクタスというのが、このアパートの名前でした。季節は美しくめぐり、おかしくて楽しい日々は、すこし哀しく過ぎていきます…。


----------------------------------------------------------------------(amazonより)


アパートなのだけど、その名前は「ホテル・カクタス」。
玄関を入ると室内とも室外ともいえない空間があって、そのつきあたりには中庭。
そんな建物の三階に帽子が、二階にきゅうりが、一階には数字の2が住んでいるのでした。

こういう「ハテ?」という物語、だいっすきです。
帽子だけど、きゅうりだけど、数字の2だけれど、同じアパートに住む娘さんに恋したり、
(一回のデートでみんなふられてしまうのもご愛嬌)
競馬に興じたり、きゅうりの里帰りに連いて行ったり。

挿絵もまたステキなんですよね。
ぐにゃりと曲がった幻想的な階段の踊り場や、整然として見える窓からの風景なんかも。
さすがは佐々木敦子さん。

文庫にもなっているけど、だんぜん単行本で本棚においておきたい一冊です。
殺伐とした気分の時に読むと、和む和む~。
和みつつも、エピローグの黒猫もちゃんと引越しできたかなー・・・と気になるのですが。
そんなこんなに思いを馳せながら眠るのがベスト!
ベッドサイドで読むのをオススメしたいです、秋の夜長ですしネ。


◆ 覚え書 ◆

昨夕、灰猫さんの爪を切っていたところ失敗し、流血沙汰にしてしまいました・・・。
で、明けた今日、朝イチで病院に駆け込んだら「ぜんぜんだいじょうぶ」とのこと。
今日ほど「大丈夫」という言葉をありがたく思ったことはない!
ってなくらい、心底ホ・・・としました。
それでも灰猫さん、誠に申し訳ありませなんだ~~<(_ _;)>
以後十二分に気を付けまするゆえ、何卒ご容赦を~・・・。
それにしても。
病院でチャムチャムごはん(ウェットフードを我が家ではこう言い表します)を味見させてもらった灰猫さんが、打って変わってご機嫌さんになったのが印象深かったわけで・・・。
(待合室で大型犬に囲まれた灰猫はビシッ!と固まり、肉球には大汗をかいていた)
ある意味わかりやすくて助かりますw

ちなみに深爪の流血には片栗粉か小麦粉をつけることで応急処置できます。
その後コットンで軽く押さえてあげるのがよいみたい。
ギュウギュウと締めるのはいかんようです。

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『禁じられた楽園』 読了!

2008.10.09 *Thu
禁じられた楽園禁じられた楽園
(2004/04/21)
恩田 陸

商品詳細を見る


『 禁じられた楽園 』   恩田 陸 著


大学生・平口捷は、同級生で世界的天才美術家・烏山響一から招待を受けた。聖地・熊野の大自然の中に作られた巨大な「野外美術館」へと-。めくるめく幻想ホラー。『問題小説』連載に、大幅に加筆・修正を加えて単行本化。


-----------------------------------------------------------------(amazonより)


こ、こわー。
他人に精神をもてあそばれるというのは、腹立だしいだけでなくただただ恐怖なのですね。

結末にたどり着くまではサスペンスだと思いながら読んでいたため、
おっと、どっこいファンタジーだったか!と最後にずっこけ~。
「ほへ~」と気が抜けた心持ちで本を閉じました。
思えばこの人の作風はこういうのが多いのかも?
予想に固まらず、柔軟なアタマで臨むのが望ましいようです。

だからといって「オマエの話はつまらん!」とならないのが、本作のすごいところ。
テンポよく話が進むし、ぐいぐい引き込まれる展開もとてもスリリングです。

ひと口で言うと、カラスを見る目が変わりそう幻想ホラーでしょうか。
ホラーと言っても、「怖い」より「不気味」「気味悪い」モードの。
表紙がきれいなだけに、この読後感はちょっと意外だったゾ。
(文庫版ではカラスが表紙になってましたけど、確かにその方がグーだと思います)



◆ お知らせ ◆ 
IEを6から7にバージョンアップしたついでに、ブログのテンプレートも変えてみました。
見慣れぬスキンに「あ、間違えた☆」と帰らず、ゆっくりしていってくださいましね~♪



COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

灰猫さん流すごみ方

2008.10.08 *Wed
まえ


あられもない格好で毛づくろいしていた灰猫さん。
何かに気をとられ、(くどいようですけど)あれれもない格好でよそ見してます。

「おーい、灰猫ー?どしたのー?」


あと


「なに?」

すんごい顔でにらまれました。
あられもない格好したままで。

今日は朝からいいお天気だったので、灰猫さんはシャンプーコース強制参加。
お気に召さなかったかしらん。

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

角度を変えて見た

2008.10.07 *Tue
ひがんばな


彼岸花、曼珠沙華。
群生するこの花は存在感がありすぎて、やや禍々しい気配にも見えて、苦手でした。
名前もちょっとコワイ。
それに茎?に有毒成分を隠し持ってるらしいじゃないですか。
知らなかった!
「だからこんなにも鮮やかな色なのか」と納得したり、「やっぱり苦手」とも思ったり。

だが、しかし。
カメラ教室に通って被写体をあれやこれやの角度から眺めることを覚えた今年の私は違います。
この赤は格好のモデルだ!
というわけで、散々散々激写して・・・

空とのセットなら嫌いじゃないかも。

そんなことをうすらぼんやりと再発見。

もちろん、そこまでしてお近づきになる必要もないけれど。
苦手は少ない方が人生楽しく歩けるってなもんです、きっと。

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ホクホクなおイモさん@嶋屋

2008.10.06 *Mon
西梅田にオープンしたブリーゼブリーゼを見物しに、ぶらり大阪へ出向く。
うむー。
気になったのはマークス&ウェブくらいかなあ。
それとバラエティにとんだレストラン街。
服より食に興味があるお年頃だってことで。

その後、ぶらり天神橋&天満橋商店街へ。
有名どころのスイーツがクレーンゲームになってるとオットから聞き、そして実演してもらう。
200円でナンチャラカンチャラ(名前を忘れた!)のチョコムースケーキを捕獲。
おぉ~!
褒めてとらわす~~。
(でも食べ物をオモチャにするのにはやっぱり抵抗がござんすね)
ちなみに前日にお土産でくれたベリーのケーキもここで入手した模様。
って、前日は金曜日!
仕事はどうした??

チョコベリー


その後、ぶらり阿倍野へ。
ここへ来たらこれは必ず!と言われる嶋屋の名物ポテトを買う。

おいもさん

大きな大学芋(ゴマなし)ってな風情ただようサツマイモのオヤツです。
(ポテトというよりおイモさんと呼びたい気分)
はちみつがしっとりと染み込んでいて、大学芋よりはさっぱりとした甘さ。
買いたては角がカリッとして美味しかったけれど、今日はもうその食感はなく。
だもんで、今、トースターで温めてます。
あわよくば食感もカムバックしてほしいとの目論みで。
(でもウリはこのしっとりした食感みたいですネ)

あぁ、味覚の秋、食欲の秋だなぁ。


◆  スイーツのクレーンゲーム屋さん SWEETS ON SWEETS 
◆  阿倍野名物ポテト 嶋屋 

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『盗作』 読了!

2008.10.04 *Sat
盗作盗作
(2003/06/13)
伊藤 たかみ

商品詳細を見る


『  盗作  』   伊藤たかみ 著


小説を書いたのは僕なのか?それとも死んだあいつなのか?各紙誌絶賛の長篇ワンダーノベル。
自殺した親友が残したフロッピーと彼の名を使って僕は作家になった。ある日突然何も書けなくなった僕は、彼が生きているのかと疑い、死の真相を追い始める。生と死のパラレルワールドを潜りぬけて神を殺す小説家の物語。


---------------------------------------------------------(amazonより)


う~~~ん、レビューどうしようかなぁ。。

正直言ってしまうと、読んでいて面倒くさかったです。
何度か読むのをやめてしまおう!と思ったくらい。

その理由は、村上春樹風味をチラチラ感じてしまったから、でしょうか。
「ノルウェイの森」「ダンス・ダンス・ダンス」「国境の南 太陽の西」あたりをなんとなーく感じたんですよね。
性がリアルとnotリアルとを介したり、あちらの世界とこちらの世界を一方通行の書簡がさまよったり。
女の子も消えちゃってるし、傷がどうとかも「う~~ん」って感じ。
そもそも、親友(主人公)と彼女を残して、一人の男の子(主人公の親友)が自殺しちゃってるしネ。

春樹を知らない人の方が素直に楽しめる物語だと思います。
私はちょっとダメだったなあ。
「イズミ」って名前が出てきた時点で、仰け反っちゃったもん。

でも後書きは興味深かったですよ~。
って、褒め言葉になってないとは思うけれど、こっちはホントに面白かった。

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ハリより潤いが大切

2008.10.03 *Fri
金曜日は水周りを念入りに掃除する日~。
といっても、台所シンクに洗面所、トイレ(一階のだけ。二階はオット専用なので放置)くらいでしょうか。
午前中にパパパ!と済ませるのが、長続きするコツ。

で、ふと手ゆびを見て気が付いたのです。
「脱皮してない・・・」。

私は乾燥が激しい方らしく、春、秋ともなれば指先がベローンと脱皮しやがります。
(乱暴な言葉で失礼。それくらいキーッ!となってるとお察しくださいまし)
これがですね、肌が荒れるなんて生易しい表現では言い足りないくらいなのです。
ホントに脱皮です、脱皮。
中指が特に顕著で、第三関節くらいまで景気良くむけるし、
これが一回程度なら痛みもないのですが、何度も繰り返されるとイッテー!となるわけで。
水仕事の際にゴム手袋をしていても、やっぱりむける。
お風呂に入っただけでもビヨンとむけるってどーゆーことーッ!?
季節の変わり目のお悩み筆頭第一号でした。

でも最近それがない。
思えばこの春も一回くらいしかむけなかったような・・・。

これはもしかしたらアミコラ効果なのかも知れません。
あれ(過去記事)から飲み続けており、顔のお肌にはあまり変化を感じませんでしたが、
密かに謙虚に指先に効果がでてきていた模様。

地味な効能をありがとう、アミコラ。
今度は顔にもいっちょお願いします。

最近ではコーヒー牛乳(としか言いようがない)に入れて飲んでます。
インスタントコーヒーの瓶の横に置いてあるので、
それに関連して一瞬「はて、ウチにクリープなんてあったっけ?」となりますが・・・

アミコラとコーヒー


クリープちゃうよ、アミコラよ。


◆ 関連記事 ・・・ ハリは大切 

COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『使命と魂のリミット』 読了!

2008.10.02 *Thu
使命と魂のリミット使命と魂のリミット
(2006/12/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


『  使命と魂のリミット  』   東野圭吾 著


心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。


--------------------------------------------------------------(amazonより)


すっきりと読み終えることのできるサスペンスでした。
最近、この人の「善か悪か」を強く暗に問うような作品ばかりを読んでいたもので、
単純に読書をした!という達成感を単純にあじわう☆

じゃあ、単調な話なのかといえば、それはさにあらずです。
医療現場のシーンでは実にハラハラさせられるし、
犯人(というのかしら、これも)に利用される(とも言い切れないラストだけど)看護士望にもハラハラしましたし。
それぞれ登場人物の心情をよみ易くはありましたが、どの
物語もちゃんと完結しています。
そう考えると、これは二時間もののサスペンスドラマ向きなのかも。
(その分、東野圭吾ファンには物足りないかなー?)

ちなみに。
基本悪人がいないこの物語ですが、夕紀のお母さん、彼女だけは好きになれそうもないです。
そりゃあ、誤解を下手に解くより「自分自身で納得してちょうだい」方式でよかったのかも知れないけれど・・・。
なんか釈然としなーい。
夕紀がグレないでよかったねえ~という感じ。
ブツブツ・・・。

 
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

灰猫さん的足の軌跡

2008.10.01 *Wed

あし


朝、カーテンもあけずに行き倒れていたら、灰猫さんがタタタッとやってきて・・・


私を踏んで行きました。


ネコというのはわざとヒトを踏む生き物なのです。
まったく。
カワイイったらありゃしない♪(え?



寒い寒いと身を縮めていたら、午後から晴れてきました。
太陽ってあったかーいな~!
北風と太陽の旅人気分を一日で味わえるなんて。
さすが秋。

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © たにしのいえのなか All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
5
11
12
13
15
16
18
19
25
26
30
--
||| admin || NewEntry |||




カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




ざくっと自己紹介

tanishi

Author:tanishi
結婚を機に関東人から関西人へ移行☆
詳細プロフはコチラからどぞ♪

2005年 結婚
2006年 夢叶い灰猫が仲間入り!
2009年 母親デビューしました!

マタニティブログはコチラ

2013年 もう一人女の子を出産!

◆ tanishiが不適切と感じたコメント&トラバは無断で削除させて頂くことがあります。お許しあれ。◆




コメントいただきましたっ




気になることばでまとめます








これまでのあれこれ




こんな記事に注目が・・・!




リンク




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。