This Archive : 2006年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

10月のおさらい

2006.10.31 *Tue


ヒメウツギ11    


今月読んだ本
うちのネコが訴えられました!?  /   山田タロウ
GOTH          /  乙一
Q&A          /  恩田陸
・三月は深き紅の淵を  /  恩田陸
・球形の季節       /  恩田陸
・私の遺言        / 佐藤愛子
・冥土のお客        /   佐藤愛子
・プラナリア         / 山本文緒
・紙婚式         /  山本文緒
・チェリーブロッサム     /  山本文緒
・絶対泣かない      / 山本文緒
・ブラック・ティー      /  山本文緒
女のとなり        /  乃南アサ
・好きだけど嫌い     /  乃南アサ
・何だかんだと      /  ナンシー関
・何の因果で       /  ナンシー関
・はだしのゲン      /  中沢啓治


今月みた映画(DVD,TV)
・・・・ ん? あり? なにも見てない!?


今月は何をしてたんだっけ・・・?
健忘症か!というくらい、さっぱり思い出せません・・・・。

-------(ブログを確認中)---------

そうでした、そうでした。
珍しくアウトドアだったんでした!
ハイキング2回に、奈良観光、ゴルフはハーフ1回に、フルコース(?)で1回。
慣れないことをしたから、頭に栄養がまわってないようです。

今月のヒメウツギさん。
彼女(?)は苔玉に居をかまえているのですが、
どうも中がスカスカになっているような気がします(上↑の画像をご参照あれ)。
持ち上げた時の軽さがこれまでにない感じ・・・。
この調子だと冬は越せなさそう・・・?
何かいい策をご存知の方がいらしたら、ぜひお知恵を拝借!であります。


ヒメウツギさんの新芽     ・・・・手遅れですか?


そうそう、ポトスって頑張り屋さんですね!
のびのび~~と好き放題に成長したので、バランスが悪い部分をチョキチョキと剪定。
切った分を水にさしていたら、ニョロニョロ~と根が出てきました。
愛いやつめ・・・♪
(ちょっと気持ち悪いさも感じますが、それは胸の奥に潜めて愛でています)


ポトスの根っこ。ニョキニョキ~~。 ニョロニョロ~~  ポトスの葉っぱ


スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

決戦終了!

2006.10.30 *Mon

クラブハウス


先週金曜日、散々緊張していた「決戦ゴルフ」をしてきました!
何が「決戦」って、客観的にはきっと全く大したことではなく・・・・。
つまり、元上司とラウンドってことだったのです。

初めて3ヶ月チョイなので、秋の土日にまわるなんて無謀はことは避け、
(ただでさえ混んでいるのに、ヘタ故に混雑に拍車をかけてしまう・・・・)
ウィークデーに敢行、at 
オリエンタルゴルフ倶楽部(兵庫県)。
更に。
通常は4人でまわるところを、「二人前叩きます!」と自己申告し3人でプレイです。

あれこれナーバスになっていましたが、思いのほか楽しかったーー!
同居人も一緒だったのですが、彼の方が大変そうでした。
・・・・いろいろと気を遣って。
ヨメの元上司に気を遣い、ヨメがコースでマナー違反なことをしないか気を遣い・・・。
帰ってきたらぐー・・・ったりしていました。
お疲れさーーん☆ (←悪びれてない)

ここオリエンタルゴルフ倶楽部はビギナーには楽しいところでした。
「コース整備が甘い」というレビューもちらほら見かけましたが、
起伏にとんだコースで景色もいいし、まわっていて飽きないし。
更にシックなクラブハウスに目がくらんで、初心者が舞い上がるには充分な舞台です。
きっとバブリーな頃に設立されたんだろうなあ・・・・。

お風呂も広々、見晴らしもよくて、気持ちい~い♪

お風呂

でも、あれですね。
男性2人と行くと、お風呂でゆっくりできませんね。
「早くあがらなきゃ!ここでも待たせるわけにはいかん!」と必死でした。
通常の二倍速で行動していたと思います。
もっとゆっくり堪能したかった・・・・、お風呂を。

次回への反省は「ちゃんとコンタクトしていこう」ということ。
目が悪いのに、裸眼でプレイせざるを得ないことになり、
カップと落ち葉を見誤るというスットコドッコイなミスをしたんです。
あれはもったいなかったな~~。

なーんて、いっちょまえの感想を言うくらいになりました☆
えへへ。


※今日の画像は全てHPより拝借しました。

COMMENT (12)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

ベンチ入り

2006.10.26 *Thu


あれこれソファを探す旅は続いているのですが、思わぬ伏兵が現れました。
じゃーーーん、なぜかベンチの登場です。


ベンチ


同居人の実家は宝の山。
「なんでも欲しいものがあれば持って行ってね~」
と倉庫(?)を見せられた時はおったまげました。
タンスからバイク、パーテーションに照明、なんとピアノまで!
大小様々のありとあらゆる「義母的不要品」がそこにはありました。

何か欲しいものがあれば、まずは実家を探れ!・・・というのが我が家の鉄則。
そうは言っても、今回は欲しいソファのカタチもしっかり決まってるし、
さすがにそれは実家にないのも知ってるし!
「うちのを使えば?」と言われることなく、ソファを買えると安心していたのです。

が、家の模様替えをしたい義母に「これいらない?」と指差されたまだ新しいベンチ。
う~~ん、置くとこがないかも・・・。え?うちがいらなければ捨てる!?
・・・結果、我が家のリビングに置かれることになりました。
そんなことを言われたら、持って帰ってしまうサガなんです~・・・(涙)

「もうこれでもいいんじゃない?」とソファ熱の冷めたかけた同居人は言いますが、
いいえ、イヤです!ソファじゃなきゃダメなんです!!

このベンチは行く行くは玄関に置こうかなー。
腰掛ように、背もたれのないベンチがあれば・・・と思ってたし。
背もたれ・・・あるけど、ベンチくん、これからよろしくね。


COMMENT (10)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『SATC』

2006.10.25 *Wed


Sex And The City 2007 Calendar


ケーブルテレビネタ。
最近、お気に入りで夜中にコッソリ観ている海外ドラマがあります。
(夜中なのは放送時間が夜中だからなのですが・・・)
今さら・・・?と言われそうですが、SEX
 and the CITY (略してSATC)がそれ。

タイトルにもある通り、まあ、寝床の話もあからさまに出てくるのですが、
女の友情やNYの恋愛事情などが実におもしろいのです。

が、同居人の前ではちょっと観にくいなあ・・・と。
幸いなことに彼は早寝早起きの人なので、放送時間はすでに夢の中。
なので、一人夜中にププッとニヤけながら楽しんでいます。
(余談?ですが、オープニングのキャリーの格好!あれ、すごくないですか?)

そして昨日の出来事です。
見損ねた回の話を読もうと、これまた夜中にオフィシャルサイトを見ていました。
なるほど~、こういう展開だったのか~。
と熱中のあまり、同居人が起きてきて背後に立ってることに気付かなかったんですよね。

「何してんの、寝ぇやー・・・」と言われ、振り向くと、彼の目はPCのツールバーに。
他にもいろいろサイトを立ち上げていたので、
「開いてるウィンドウ」表示が略されていたんですよねぇぇ。
で、見える文字は、「SEX and」のみ。

明らかに一瞬固まっているのに、彼は何も言わず立ち去りました。
えぇ?ちょっと!
なんか突っ込んでくれぇぇ~~~~!
持ち前の関西魂をここで発揮しなくてどーすんの~~~~!!

うちのヨメは
夜中にHサイトを堪能している・・・と思われていたらどうしましょう。
今朝も本件について彼は何も語らず、でした。
うぅ・・・っ、お願いしますよぉ・・・。


COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ナルシスト(毒アリ思ヒ出話)

2006.10.24 *Tue


クサイものにはフタをしたい



詳細プロフィールにも書きましたが、ナルシストな男性が苦手です。
それは過去に苦しい経験をしたから。

というわけで、苦手になった3つのエピソード(長文)の始まり、始まりぃ~。


『雨の中踊ってたよ、トホホ』

高校生が初めてお付き合いした恋人と待ち合わせ~♪
・・・・という状況を思い描いてください。
残念ながら生憎の雨模様。
そんなデート(っても同じ方向の家に帰るだけですが)もまた楽しといった感じで、
彼女は待ち合わせ場所に急ぎます。
と、傘をさして待つ恋人が見えました。
待たせてしまってゴメンナサイ~~!と駆け寄ろうとする彼女に気付いた彼は
さしていた折りたたみ傘を慌てて閉じ、カバンにしまいます。
そして、氷室京介の如く一人派手に踊りだしたではありませんか!(at バス停)
驚いたのは彼女です、周囲も驚いています。
何をしているのかさっぱりわかりません。
「ど、どうしたの!?」と慌てる彼女に返ってきた答えは・・・・
「来てたのか、気付かなかったよ」(ふ・・・っと微笑)
「雨が俺の心を冷まそうとしてるみたいで・・・。だから踊って熱くなってたんだ」
・・・・この人、ちょっと合わないかも。と思った最初の出来事でした。


『公園で歌い上げたよ、トホホ』

その彼は当時のブームにのってバンドを結成、担当はベースでした。
ある夕方、公園に呼び出された彼女はまたしても衝撃を受けます。
「オマエに捧げたい歌があるんだ、聴いてくれ」
そうオモムロに告げ、ベースをかき鳴らしはじめた彼(歌声なし)。
ベンベンベンベンベンベンベンベン、ベンベン、ベンベンベンベンベーン。
公園に鈍く響くベースの単調なリズム。見学する子供たち。赤面する彼女。
何の歌かなんて、わからないったらありゃしません。
後でさりげなく確認したら、コンプレックスの「Be My Baby」だったそうです。
・・・・どうも何かが違うような気がすると思った二度目の出来事でした。


『頭を打ちつけたよ、トホホ』

いい加減、お互いの傾向が異なることに気付き始めた彼女。
そんな時ってケンカも多発ですよね。
「悪いけど、ぜんっぜん言ってることわかんないっ」と目を吊り上げる彼女。
「俺の何がわかんないんだよ、ちゃんと俺を見てろよっ」と声を張り上げる彼。
「なんだかもう全部がイヤなのーッ!」と彼女が決定打を放ったその時!
彼は近くの電柱にダーーーーッシュ!
そして頭をゴンゴンと景気良く打ちつけます・・・!
呆然とする彼女に彼は言いました。
「オマエ一人わからせることが出来ない俺なんて、こうするしかないんだ!!」
・・・・完全に違う世界の住人だと悟った三度目の出来事でした。


一連の行動を友人に話したところ「それはナルシストだ」と区分け。
だとすれば、「あぁ、ナルシストの男性ってダメだ、合わない・・・。」
笑っていいと言われればまだしも、得てしてこれらはウケ狙いではないわけで。
笑っちゃいかん・・・・、笑っちゃいかん・・・・・、笑っちゃ・・・・!
必死に自分に言い聞かせねばならないのがツライのです。
実際、一か八かで笑ってみたら、とても傷付けてしまったし・・・。
非常に後味が悪かったなあ・・・・。

一緒に夢を見られるタイプだったら、お互い不幸じゃなかったのかも知れません。
当時の彼よ、ヘンに冷めててゴメン。


COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

血圧ショック

2006.10.23 *Mon


足枕くん


単発のかる~いアルバイトをしようと思い立ち、応募しました。
それには健康診断受診が必須で、指定された病院で検査を受けることに。
検査前日21時からは絶食絶飲。
当日、すきっ腹をかかえ、慣れない近鉄電車を乗り換え大阪まで行って参りました。

身長、体重、問診と順調に進み、次は血液検査です。
その前に血圧も測るんですね、はいはい。

血圧を測る時に空気で腕を圧迫しますよね。
あれ、大好きなんです。
あー、気持ちいいな~~・・・・。足もやって欲しいな~~・・・。
などと考えていると、計器を見る看護士さんの顔が曇っていきます。
「ごめんなさい、もう一度いいですか?」と再度シュコシュコシュコシュコ・・・とやり直し。
はいはい、何度でもどうぞ。
シュプーーーーーー(空気の抜ける音)
「えー・・・っと、もう一回やってみましょう」

これを何度か繰り返した後、別の看護士さんに変わりました。
「doborinさん、普段、血圧はどれくらいですかー?」
作業しながら聞かれたので、「上90の下60くらいです」と答えます。
「普段から低いんですねー。60ないですよー」
と苦笑する看護士さん。
「あぁ・・・、下ですかー
?」
「いえ、上が」

はいーーーーーーーー!?

その時の血圧、上59の下45だったようです。
これだけ低いと血を抜くわけにはいかないそうで、検査は中止になりました。

通常120位だと考えると、人の2分の1の力で血を循環させているわけですよね。
う~~~ん、なんて省エネ設計な心臓・・・・。
まあ、朝食抜きだったしねぇぇ。

そんなこんなでトボトボ帰宅したわけです。
こりゃあ、アルバイトは合格しないだろうなぁ・・・・。
交通費かけて、健康診断、というより身体測定を受けただけで終わってしまいました。
くぅ~~、無念なり!
(本人はいたって元気なので、ご心配なく(^^ゞ)

画像は足むくみ防止の「あしまくらくん」です。
友人からのプレゼント。
ニパ!と笑う顔がチャームポイントです。
ドピンクだけど。


COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『女のとなり』 読了!

2006.10.21 *Sat

女のとなり


『 女のとなり 』     乃南アサ 著

女のとなり、つまり女偏のつく漢字を眺めながらその意味と由来を考えると、そこに女性たちの「素顔」が見えてくる。「こういう人、私の近くにいる」「えっ、こんな人がいるなんて!」と頷かされたり、驚かされたり。当代一の観察眼を持つ著者にかかると、あなたの隣人が小説よりも奇なる存在となる、ハラハラどきどきの好エッセイ集。

-------------------------------------------------------------------------------(Amazonより)


na-rusaさんのブログで知った作品です。
いくつか小説を読んだことはありますが、へえ~、エッセイも出しているんですね。

読み終わり出た一言は「このタイトル、うまい!」。
作者の日常のエピソードを一言で象徴する、女偏の付く漢字。
それを一章ごとにピックアップし、漢字の由来から深層心理まで探るエッセイです。

例えば、妥協の「妥」。

  
「妥」を分解すると、「爪+女」になり、この場合の「爪」とは、手を意味する。         いきりたつ女をなだめて、「まあまあ」と手で押さえて下に安座させ、落ち着か    
     せるさまを示す文字だという。上から下におろす意味を含み、下に落ち着く意
  味から「おだやか」という意味を生じた。               (本文より)

この漢字を、自己主張が激し過ぎるA子と主体性のなさ過ぎるB子の人生に
なぞらえます。
二人はタイプが違うけれど、行き着く先が同じ。それはね・・・、という具合に。


漢字の成り立ち、形にはそれぞれ意味があるんですねえ。
小学校で習ったけれど、今教わる方がよほど興味深く学べます (^^ゞ
なるほど、なるほど。
こうしてみると、女の付く漢字は多いなあ・・・。

それにしても。
女性の行動ばかりが「女のとなり」になるわけではないんですよ~。
男性の行動、心理にも当然「女のとなり」があるわけで。
そこから何を感じるかは性差なく本人次第。
個人的には「人の振り見て我が振りなおせ」を感じました。
この作品、シリーズ化したら面白そう。

ちなみに、紹介文の「ハラハラどきどき」は何を指しているのかな・・・?


CATEGORY : 読ム
THEME : 感想 / GENRE : 本・雑誌
DATE : 2006/10/21 (土) 16:15:34
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

故郷の風景

2006.10.20 *Fri

マリンタワー


いろいろなニュースがありますが、個人的に衝撃的だったニュースがコチラ

横浜にあるマリンタワーと氷川丸が今年12月25日に営業終了するんだとか。
まあ、そりゃあ、結構前から閑古鳥が鳴いていましたが・・・。
ふぅん・・・・、そうなんだ・・・。

マリンタワーの何階かに鳥公園のようなものが(多分)あり、
下を通るたびに「キエーーッ」という、南国の鳥特有の鳴き声が響いていました。
氷川丸にある喫茶室でケーキを頼んだら、カビが生えていたっけ・・・。
(大昔ですよ、大昔)
寝るときに遠くに聞こえる氷川丸の汽笛の音、好きだったなあ・・・。

友達が遊びに来てくれた時にしか行かない観光名所でしたが、
それなりに思い出があり、寂しい限りです。
万物流転が世のならい・・・・ですね。

実家を離れる時、ベイブリッジやマリンタワーの絵葉書を大量に持って出ました。
特に愛しんでいた風景ではないのですが、なんとなく。
故郷は遠くにありて思うもの?

これらはそれぞれ市と日本郵船に譲渡されるようで、一安心です。
取り壊されたりするのではなくて本当によかった。

一安心と言えば。
話はガラリと変わりますが、昨日はゴルフコースで練習でした。
お天気にも恵まれ、なかなか楽しかった~~!
そのせいか、ようやく人並みのヘタッピレベルになることができたんですよ~~(涙)。
一安心、一安心。(←志が低い)
さあ、決戦は金曜日だ!
パター練習しとこ~っと。


COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

憑いてるんですって★

2006.10.18 *Wed



週末、近所の信貴山に行ってきました。
またしてもハイキングです。
一週間のうちに二度も山登りするとは・・・・。
出不精、これまでにない頑張りをみせてます。

ここ信貴山は聖徳太子が仇敵討伐のために勝利祈願した御山だそうです。
それが寅の日だったとかで、勝利に導かれた聖徳太子がここに寺院を建立し、
勝負の神様として寅を奉り、名を馳せているのだとか。
そういうわけで最初に出迎えてくれるのは、電動で首が動く巨大な寅の張子です。


信貴山の寅 がーおー(ライヨーンチャンネル(ローカルネタですみません))


ここへは今年の初詣に訪れて以来、二度目です。
その初詣の時に、「ひょ~~え~~~」という出来事がありました。
簡潔に言いますと・・・・

doborin、通りすがりの山伏に突如「アナタ!霊が憑いています!」と叫ばれる

・・・・です。

新年早々、ヒジョーーーーに驚きました。
護摩焚き中の山伏さんが突然走り寄って来て、衝撃の告白ですもの。
ボケーー・・・と歩いていただけに心底ビックリです。
内容にもその声の大きさにも。

その後、少し離れたところでお払いをしてくれた件の山伏さんは
「今日は簡単にしときましたが、もっとちゃんとした方がいいですよ」と立ち去りました。
え? え?? や、簡単にって・・・!?

実はよく言われるんですよねぇぇ、霊が憑いてるって・・・・。
いずれも通りすがりの人にいきなり。
ホントかしらん・・・。
出来れば、知っている人の霊が護ってくれているパターンが望ましいのですが、
見知らぬ霊が何の気なしに憑いているんだったら、ヤだな~~。


ようこそおまいりやす~


至るところで「ようお参りやす~」と迎えてくれるお地蔵さま。
ポーズが珍しかったのでパチリ。


COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

控えめなモノたち

2006.10.17 *Tue

よもぎアンパン


近所のパン屋さんで買ったよもぎ入りのあんぱんです。
たまに食べたくなるんですよねえ。
よもぎ入りを、ではなく、ただ、あんぱんを。

買った時はベーグルのような質感だったのに、シワシワになってしまいました。
・・・・我が身をここに見る思いですが、それは置いといて、と。

あんこがですね、ちょっと控えめだったんです。
甘さ、ではなく、量が。

アンコちょろり・・・。


ひと口で半分までかじってしまったのですが、なんという控えめなあんこ面積・・・。
もうちょっと頑張ってほしかった・・・!

白飯も好きですが、それ以上にパンが好きです。
体調不良の時は白飯NGでもパンはOKというタチ。
バターでもマーガリンでもジャムでもチーズでも、なんでもOKです。

先日、パンが好きで・・・と話をしたら、自家製のピーナツバターをもらいました。
自家製・・・!? これは楽しみぃ~~!
と、食べたら。
甘さが一切感じられません。
う~~~~ん、ビミョウな味わい・・・・・。
こちらは量はたくさんあるのですが、甘さが控えめ過ぎたか~~。
というより、砂糖は100%参加辞退しているんじゃ・・・・という感じです。
もしかしてシュガーレス?

パンに塗る以外に何か有効活用の道はないかなー。
ネットで検索してみよっと。


COMMENT (12)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

なりきり中尾彬(さん)!

2006.10.16 *Mon


大台ケ原の紅葉


これが先週の続き、大台ケ原の紅葉でございます。
まだ山頂だけでしか見られませんでしたが、お見事!でありました。
桜もいいけど、紅葉の方が色とりどりで綺麗~~と好みです。

さて、ここに来るまでいい加減疲れたこともあり、妙なテンションになった二人。
「綺麗だねえ~」
「来てよかったね~~」
と口々に絶賛していたのですが、どうせならもっと手の込んだ褒め方をしようということに。
結果、中尾彬氏のモノマネで紅葉を讃えろ!です。

「彬なら、もっと回りくどく賛美するね」
「『うちの山がね、もう色気づいてきたんだよ』みたいな?」
「ちょっと品がないな~。『うちの山がね、もう頬を染め始めたんだよ』はどうよ?」
「お、いいねぇ~~」

明らかにクライマーズハイに陥る二人。
こうなれば、何を見ても“なりきり彬”です。

森の奥で草を食むシカを見れば、
「志乃、みてごらん、シシガミ様のようだよ」
「志乃、みてごらん、タタリガミ(祟り神)が出ても不思議ない世界じゃないか」

綺麗なコケ(なのか?)を見ても、
「志乃、みてごらん、湿地で輝くコケだ。素晴らしいじゃないか」
「志乃、みてごらん、我々もこうありたいね」 ←意味不明。

キレイなコケ!  岩肌にみっちり群生。かなり、どアップ画像です。


・・・・・本当の中尾彬(さん)がこういうキャラなのか甚だ疑問ですが、
とことんバカらしくて面白く散策できました。

もし山登りで疲れた際には「中尾彬さん」をオススメします。
もちろん、「極道の妻たち」の岩下志麻さんもよろしいかと思いますよ~。
「あんたぁ、あれはコケなんと違うかぁ」 ←ドスの聞いた声で再現ください。
通常とは違うテンションに自分をもっていくことが肝要です。


COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『うちのネコが訴えられました!?』 読了!

2006.10.14 *Sat

うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-


『 うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判 』  山田タロウ 著

アメーバブログ(生活部門)堂々第1位の話題沸騰の実録裁判!
「あなたのネコを訴えます」-ある日、舞い込んだ内容証明書。平和な毎日が一変、突如「被告」になって裁判所へ。ネコの逃走経路、証拠隠滅、車のキズは・・・・。本当にあった奇想天外な笑えぬ裁判の結末は?

------------------------------------------------------------------------------------------------------(Amazonより)


猫好きの知人より拝借した本です。

オ、オモシロ~~~イ!
「小説より奇なり」とはまさにこのこと?
いろ~んな人がいろ~んなスタイルで暮らしているんだなあ・・・と感心?です。

この作品の肝というかオチがばれてしまう感想なので、保護色でカキコします。
興味のある方はドラッグして色を反転させた状態でお読みください♪

↓↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓↓

そもそも訴えられたのが、タロウ氏の飼い猫ではないなんて!
いやいや、その前に、被告人として指名されたのがとっくにホトケさんになった故人だなんて!!
裁判をおこす人って、用意周到に下準備をする人ばかりだと思ってました。
こんなノリ?で訴える人もいるんだなあ・・・・。

↑↑↑↑↑ ここまで ↑↑↑↑↑

ご近所さんとのトラブルは極力避けたいですが、
こういうのはもはや天災の域に入るような気がします。
タロウさん、ご愁傷サマ・・・という感じ。

ちなみに、この続編として、
『 【続】ネコ裁判 隣のネコも訴えられました 』 も只今ブログで更新されています。
まだこちらはちゃんと読んでいないのですが、
「そっかぁ、隣のネコも訴えられたんだぁ・・・」とタイトルだけでも笑ってしまうのでした。

にしても。
ブログを書籍化すると、縦書きではなく横書きになるんでしょか?
慣れるまで読みにくかった~~☆


COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

スポーツの秋 doborinの場合

2006.10.13 *Fri

昨日、老体にムチ打って、山に行ってきました。
大台ケ原という、奈良は吉野を更に奥に進んだところにある山です。
(↑日本で一番降雨量が多いんだとか)

頂上まで車OKで、そこからハイキングコース、登山コースに分かれています。
無論、選んだのはハイキングコース!
・・・なのですが。
ハイキングと銘打っている割には、「しおから吊り橋」のある谷に下りる辺りから、
行きかう人々の困ぱいぶりが不安を誘います。
「こんにちは~」「こんにちは~」の挨拶の後に
「あんたら、せっかく上におったのに今から降りるん?えらいでぇ・・・」と言われる始末。
え・・・・、マジで?

で、確かに死にかけました・・・☆
行き倒れ寸前、運動不足ここに極まれり!です。
「右足・・・、左足・・・、右足・・・」と意識しないと足も上がらない有り様。
ムキ~~~ッ! へこたれてなるものか・・・・!
苦あれば楽もあると水戸黄門も歌われているじゃないか!
(↑本当は逆の順番で歌われているし、黄門さんが歌ってるわけではない)

同居人と励まし合い、着いた絶景スポットはこちら!

大蛇(だいじゃぐら)

すんごい絶壁なんです。
怖くて前に進めません。
膝が笑っちゃって、ゴロンゴロンと落ちていきそうな気がする・・・・。

ここまで来れば後は楽々のハイキングコースです。
これまで足元しか見れませんでしたが、景色を楽しむ余裕も出てきます。
野生の鹿が草を食んでいるのに和み、木々の美しさを褒め称えながら散策。
水も澄み切っていました、ホラ、こんなに。

大台ケ原のミニ滝       大台ケ原の川?


この水は下の山里にあったダムに流れ着くようです。
ダムは見学も出来るようですし、近くには鍾乳洞もありました。
また体力が回復したら行ってみようかなー。

ダムをこっそり覗き見  水がエメラルドグリーン色に変身。


そうそう、山頂付近はもう紅葉が始まっていましたよ~。
そのお話はまた今度UPっ!

CATEGORY : 家 外
THEME : 奈良 / GENRE : 地域情報
DATE : 2006/10/13 (金) 16:37:38
COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

素敵な町家カフェみ~っけ!

2006.10.11 *Wed


soraの入り口


奈良に来たら、どこでゴハンを食べるかが大いに悩むところ。
最近では古民家を改装し、町家カフェとしてオープンしたお店がたくさんあるようです。
(町家・・・・格子のある奥行きの長い古都特有の古民家。・・・たぶん。)

数ある中から今回友人を案内したのは、
cafe&gallery sora
築70年の古民家をオーナー自ら改装した、ギャラリー併設のカフェです。
以前から行こうと試みるも、なかなか辿り着けないお店だったのですが、今回こそは!

中に入ると、「来てよかった・・・!」としみじみため息をつく程に素敵な空間が広がっていました。
黒光する内装が歴史を感じます。
靴を脱ぎ、家、じゃなかった店内にあがり、席が用意されるまでギャラリーで待つことに。
今回展示されていたのはうつわ展でした。

店内のギャラリーコーナー

和楽器を基調とした今ふうにアレンジされたBGMにも話がはずんだところで、
(自分の結婚式で使用した曲も流れていたので、ちょっと嬉しかった☆)
ゆったりと配置されたテーブルに案内され、いよいよメニューを拝見です。
「どれにする?どれにする?」と真剣です。
結局、オリジナルランチ、オリジナルカレー、ルッコラと肉味噌どんぶりの中から、
散々吟味した後にランチとカレーをオーダー。

メニュー。美味しかった~~♪

大根の竜田揚げが美味しかった~~!
ショウガかなぁ、いいアクセントになってます。
大根ってこういう食べ方もあるんですねえ。
(欲を言えば、もうちょびっと量が欲しかった・・・。大食いなもんで・・・。)
カレーを食べた同居人は、今まで食べた中でTOP3に入る美味しさだと絶賛でした。

お料理も店内の雰囲気もいいのですが、特筆すべきはスタッフの方。
目が合う度にゆったりと微笑んでくれる方が多いんです。
これ、すごーーーーく癒されます。
物怖じしない同居人は内装についてあれこれと話かけていたのですが、
全ての質問に愛想良く答えてくれただけでなく、
実際に内装を手がけた方を奥から呼んで来てくださったり。

ご近所さんらしき年配のご夫婦が「こんにちは~」とゴハンを食べに来てるのを見て、
奈良っていいとこだなあ・・・・としみじみ思った一日でした。

cafe&gallery sora のHPはコチラ↓。
上のヘッポコ写真では伝えきれなかった店内の雰囲気がよくわかりますよ~♪
http://www.so-ra.jp/gallerysora/Gsora.html

CATEGORY : 味ワフ
THEME : 奈良 / GENRE : 地域情報
DATE : 2006/10/11 (水) 16:42:56
COMMENT (10)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

芸術の秋 doborinの場合

2006.10.10 *Tue


秋篠の森


奈良の有名なスポット「くるみの木」。
そこの「秋篠の森」で開催された写真展に行ってきました。
展示されている写真を撮ったのは池崎継仁さん。

奈良に来てから、水のはられた田んぼの美しさに開眼(?)したのですが、
そんな時にある方のブログを通じて池崎さんのHPを知りました。
お邪魔してみれば、「まさにこれこれ!綺麗~・・・」と
ツボにドンピシャの水田の写真がそこに紹介されていたわけで。

モニターを通さないで直に色を見たい・・・と思い始めた頃、
「作品展を行ないます」のお知らせにどれだけ一人熱くなったことでしょう。
この機会、決して逃すまじ!
遊びに来てくれた友人と同居人を引き連れ、秋篠の森へGO!です。


まずはここから、ガラスの小屋。     


これまで、
写真展は元より絵画展などにも行ったことがないので、
あらゆる意味で緊張しまくりです・・・・、ドキドキドキドキ・・・・。
が、一度そこに足を踏み入れたら、いきなり和みモード。
HPで見ていた写真や、初めて見る写真。
感性をテストされるような気持ちにはならず、
トモダチから「これ、俺の故郷」とアルバムを見せてもらってるような・・・。
そんな寛いだ気持ちになって、見てまわることができました。
二階でプロジェクターから次々に映し出される写真を見ては、
「よくぞこれをカメラにおさめようと思ったな~~」と
その止められた時間たち、その一瞬にただただ素人は口をあけるばかり。。

ご本人も会場にいらしていて、またしても一気に緊張が高まりましたが、
このブログを知らない同居人の手前、名乗ることもできず、
そ~~~~~~~っと観察(!)するだけ。
帰りしなに交わした挨拶にドキドキしつつ、秋篠の森を後にしました。


来た道、帰る道


芸術の秋のスタートとしても最高なひと時でした。
自画像と称して公開された、ご自身の影が写り込んでいる写真を思い出しては、
そのシルエットのまんまの人だったな~・・・・と余韻に浸っています、むふふ。
(↑もちろん、いい意味で、ですよ♪)

tsuguさんこと池崎継仁さんのHPはコチラ↓です。
http://www.geocities.jp/ike7zaki/


COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

『ZOO』 『GOTH』 読了!

2006.10.07 *Sat
ZOO      GOTH―リストカット事件

乙一   著

『 ZOO 』    
毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か?「犯人探し」に奔走する男を描く表題作他、書き下ろし新作を含む10編収録。

『 GOTH リストカット事件 』  
森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物にいくことを決めた。

------------------------------------------------------------------------------(Amazonより)

漫画のような表紙ですが、小説です。
作者名は「オツイチ」と読みます。

この人の作風は読み手の好き嫌いがハッキリ分かれそう。

切ない話を語ったと思えば、「ぐえーーー」といった猟奇的な描写もサラリとこなします。
で、個人的に言えば、「アリやね」と思いました。
(殺傷の描写が「こ、これはキツイ・・・」とげんなりした作品もありますが)

『 ZOO 』
この怖さはグリム童話に通じるような気がします。
「本当は怖い」と一時期盛んに取り上げられた、あのグリム童話完全版。
現実味のない空気の中を現実的な描写で淡々と進んでいくお話。
細部はドロリとしていて、そのギャップに「ゾ・・・ッ」とするような感じ。
『冷たい森の白い家』『SO-far そ・ふぁー』なんてまさにその髄のように思います。
かと思えば、『陽だまりの詩』は優しくて綺麗なトーンなんですよね。
各短編の振り幅が大きいのが特徴です。
ちなみに本作品は2005年にオムニバス作品として映画化。

『 GOTH リストカット事件 』
全体的に登場人物の表情を思い描きにくいかな?
なんというのかな・・・。
淡々と進むあまり、無表情もしくは作られた表情しか想像できない。
いや、目は浮かぶのだけど、口元が思い浮かばない・・・というか。
靄のなかでじっと目を凝らして相手をみつめる・・・そんな読み方になりました。
その読後感がさらに「ゾ・・・ッ」を助長しています。
更に殺傷方法がですね・・・、
「よくこんなことを思いつくな・・・でも現実にありそう・・・」と思わせる怖さなのです。
こちらは第三回本格ミステリー大賞受賞作品。

「黒乙一」と括られるホラー・ミステリー分野も、
「白乙一」と括られるファンタジー・センチメンタル分野も。
もっと他の作品も読みたいと感じさせる作者でした。

自分より若い作家にハマったのは初めてかも知れません。
グロテスクな作品は苦手なのに。
(桐野夏生の『OUT』でさえ恐々読んだ覚えが・・・・)

COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

transparent soap

2006.10.06 *Fri

グアムのお土産


「この前の土日、ゴルフしに行って来たんだ~」と友人からもらったグアム土産です。
この時期にゴルフだけのためにグアム!?
そんなセレブ~なことをしてきたなんて!!
遠慮なくいただきまっす!

・・・・・裏面に「made in China」と小さくあるのが、突っ込みどころ?と悩むなぁ。

それはさておき。
中にイチゴやベリー、ミカン(オレンジ?)などがたくさん入ったソープです。
ステキ~~。
香りはもろに駄菓子系のイチゴ飴の香り。
甘いです、すんごく甘い香りです。

イチゴやベリーがたくさん!

使ってみて中の果物がどうなったか教えてね!と言われましたが、
なんだか使うのはもったいないみたい・・・。
また汚れ落としとは思えないフォルムです。
しばらくは観賞用にしとこ。

明日から学生時代の友人が遠路はるばる奈良まで遊びに来てくれます。
「10月の奈良はいいよ~~!」とのせてきたわけですが、
雨降ってるし・・・、紅葉には早いし・・・・、朝晩冷えるし・・・・。
楽しんでくれるかな・・・・。
せめて晴れだといいな~~♪
(doborinは無類の雨女です)

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ドッカーン!!

2006.10.05 *Thu


時間は大切に!


人を待つことはあまり苦ではありません、・・・・でした。

ハイ、過去形・・・。
結婚してから、どうにもこうにも・・・待つのが苦手になりつつあります。
・・・いや、違うな。
結婚前から、この同居人を待つことに関しては、苦行だったような・・・。
つまり対象が同居人になった時点でイライラすることが必至なのです。

なぜか。
キャツは時間にルーズ、そしてこれまた自覚が全くない!
のーんびりしてるのか鈍いのか(あ、言っちゃった)、余裕をもって動いた試しがない!
その割には「遅れないでね」と釘を刺そうものなら、平然と(あるいは憮然と)、
「アホー、わかっとるっちゅーねん。わざと待たせたことあるかー?」
などと抜け作(ヌケサク)極まりないことを言い出す始末。
自信をもって反論する割には結果がお粗末だから頭にくるんですよねぇぇ。
(「わざと」でなければ何度繰り返してもいいのか、このスットコドッコイ!)

昨日も散々気を揉まされた挙句に、ドタキャンという不祥事(?)が勃発しました。
遅刻どころの騒ぎではありません。
ううーーーー・・・・、どうしてくれようか~~~・・・・。
楽しみにしていた温泉旅行だったのに!!!
(ついでに狙ってるソファも見に行こうとしていたので恨み100倍)

キャツの優(柔不断)しい性格からすると、多分こういうことなんです。
「あ、間に合わない。いや、そもそも約束そのものが無理だったんだ・・・」
だけど、キャンセルして相手をガッカリさせるのが忍びがたく、どうにか善処しようと思う。
そうこうするうちに時間が過ぎ、結局「ごめんなー、無理やわー・・・」となる。
だったら!
・無理な計画はやめましょう。
・連絡相談は事前にね。
と、消費者金融のCMみたいなことを強く言いたいわけです!

こうして「キーーーッ!」となっていると、キャツは肩をポンポンと叩き言います。
「あのな、えー加減にせな、世間さまに笑われんで」
なにをぉ~~~、火に油とはこのことぞーーーーっ!!!

犬も喰わない夫婦喧嘩。
そう言わずに、食べてくれればいいのにー。
ま、カンペキでないのはお互い様。
しゃーない、お楽しみは次回に持ち越しとしますかな。
(それにしてもブログのネタにするなんて「ケンカにも慣れたな(ニヤリ)」と思います☆)

COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

物欲フツフツ

2006.10.03 *Tue


カタログ


先月から通信販売の秋冬版カタログが続々と到着しています。
幸いなことに洋服にはあまり食指が動かないのですが、
インテリア関連には「くぅ~~~~!!」と唸るくらいに揺すぶられています。

まずはソファ。
前々からリビングのソファをどうにかしたい・・・と思っているのですが、
KEIさんにステキなソファを取り扱っているサイトを教えてもらい、うっとり・・・。
「無料でカタログお届け」の文字に迷わず「希望する」アイコンをポチ。
届いたそれを眺めながら、頭でソロバンをはじいています。
幸か不幸か、同居人の趣味にも適うものがバッチリ掲載されており、
「キミがやりくりできるなら買いーや」のご神託が。
うぅ・・・・、どうしよう・・・、予算オーバーも甚だしい・・・けど、いい・・・・。
「大塚家具で買うと思えば!」と感覚の麻痺を狙うのですが、
(↑当たり前のように100万とかあって、小市民は度肝を抜かれました)
ソファだけに「現物で座り心地を試したい」という点でギリギリ持ち堪えている状態です。(それに当初はオットマン狙いだった)

お次はインテリアアクセサリー。
うちには素っ気ない白い壁があるのですが、そこをどうするかが入居時からの懸案事項。
義両親には遊びに来る度に
「なんかここ寂しいなあ、絵を贈ろうか?富士山とか映えるで~~」と言われ・・・・。
「ふ、ふ、富士山・・・・!!?? そんなん飾ったら銭湯になるーー!!」
と心で叫びつつ「いやぁ、ちょっとそれは~」と必死の笑顔で攻防戦を繰り広げています。
密かに「いっそこのままでもいいんじゃないかなー」と思い始めていたのですが、
行動力のある両親のことなので、早くどうにかしないと本当に富士山が来てしまう・・・。

壁(リビング)


他にもゴルフウェア(洋服と別にしてるあたりがズルイです)や、庭木などなど・・・・。
みみぼおさん、ゴルフウェアの記事をありがとうございます~~(^^)/ )

元々欲しいと思ってもすぐには手を出さずに寝かすタイプ。
時間が経っても変わらず「欲しい!」と思うならば、それは本当に必要なのだろうと判断しているんですよね。
ソファを望む気持ちは半年くらい寝かしてるし、そろそろ踏み切ってもいいような・・・。
でも、額が大きい&失敗したら置き場に困るものなので、ここは更に慎重に・・・。
この二つの気持ちが様々なカタログを眺めては揺れているのでした。

ま、それより急がなくてはならない友人への出産祝いが先かな。
と、クールダウンを図るためにも、赤ちゃん用品をネットで物色する日々です。
合間合間に気になるモノ達を覗きに行きながら。←冷めてない。

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

9月のおさらい

2006.10.02 *Mon

9月読んだ本
テロリストのパラソル       /    藤原伊織
・ダックスフントのワープ  /   藤原伊織
・自讃ユーモアエッセイ集 これが佐藤愛子だ四 / 佐藤愛子
・恋愛中毒        /    山本文緒
・楽園のしっぽ       /    村上由佳
・血と骨          /   梁 石日
ZOO           /   乙一
あほらし屋の鐘が鳴る    /    斎藤美奈子

9月みた映画(DVD,TV)
父、帰る
21グラム
ニュースの天才
ぼくの神さま
・トゥー・ウィークス・ノーティス
・誰にでも秘密がある


もうちょっと読んだ本があったような気がするのだけど思い出せない・・・。
そのためのブログでもあるのにー!

今月はお役所の家屋調査(固定資産税の算定調査)がありました。
いつくるんだろう・・・と落ち着かなかったので、ようやく済んでホッ。
家中を見てまわるのかな~と思いきや、仕様書での確認がメインで、
実際に見たのはキッチン流しとトイレと洗面台の大きさ、そしてその床素材でした。
ちょうど洗濯機の水漏れでエライことになっていた部分があったので、
「ホラ!ここ!こんなにベコベコ!安物です、安物!」
と思い切りアピールしたくなりました。
同居人がいたら絶対言ってただろうな・・・。

最後に「家屋調査済証」と書いたシールを「外に貼っといてね」と渡されましたが、
・・・・え、こんな色のシールを貼れとおっしゃる?
納税額は来年4月にわかるそうです。
どうぞ少額でありますように~~~☆


ヒメウツギ10


ヒメウツギさんはやっぱり一進一退。
これから寒くなるけど、無事に冬が越せるかなぁ・・・。

あ。
iTuneのラジオから New Kids On The Block の Step by step が聴こえます。
すんごい懐かしい・・・。

COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © たにしのいえのなか All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
4
8
9
12
15
19
22
27
28
29
--
||| admin || NewEntry |||




カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




ざくっと自己紹介

tanishi

Author:tanishi
結婚を機に関東人から関西人へ移行☆
詳細プロフはコチラからどぞ♪

2005年 結婚
2006年 夢叶い灰猫が仲間入り!
2009年 母親デビューしました!

マタニティブログはコチラ

2013年 もう一人女の子を出産!

◆ tanishiが不適切と感じたコメント&トラバは無断で削除させて頂くことがあります。お許しあれ。◆




コメントいただきましたっ




気になることばでまとめます








これまでのあれこれ




こんな記事に注目が・・・!




リンク




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。